読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャスティン・ビーバー、ピコ太郎との2ショットを公開

ジャスティン・ビーバー、ピコ太郎との2ショットを公開


カナダ出身の歌手ジャスティン・ビーバーが日本時間6日、自身の公式Facebookを更新し、シンガー・ソングライター「ピコ太郎」との2ショット写真を公開した。



 
 
ピコ太郎が歌う「PPAP」は、8800万人を超すフォロワーを擁するビーバーのツイッターで「My favorite video on the internet」と紹介されたことがきっかけで、世界的に話題沸騰。ピコ太郎は昨年末の『NHK紅白歌合戦』のハーフタイムショーに出場し、数多くのテレビCMに起用されるなど、一気に大ブレイクを果たした。

そんな“恩人”ともいえるビーバーと、遂に対面を果たしたピコ太郎。公開された2ショットは、学生服風の衣装を着たビーバーが、ほほ笑みながらピコ太郎のあごを触っているカット。2人が共演したのは「ソフトバンク」のCMで、今年1月に国内某所で撮影された。

初対面は、高校生役のビーバーが教室の扉を開けると、先生役のピコ太郎が待ち構えていたというシチュエーション。思わぬサプライズにビーバーは笑顔を見せ、ピコ太郎と友情のハグ&ハイタッチを交わすと、即興で「PPAP」をコラボし、撮影現場を大いに盛り上げた。
“恩人”のビーバーと念願の対面を果たしたピコ太郎は、気さくでノリの良いビーバーに感激し、「ジャスティン・ピコ太郎に改名したいぐらい、とりこになっちゃいました」と大興奮。今までSNSやテレビで「ジャスティンに会えたの?」と聞かれてきたというが、「今回ようやく会うことができました」とうれしそうに報告した。