読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<プリキュア>新作が肉弾戦を封印した理由とは 話題のキャスティングは…

プリキュア>新作が肉弾戦を封印した理由とは 話題のキャスティングは…
 
 

 

 


人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日)シリーズの第14弾「キラキラ☆プリキュアアラモード」が5日、スタートする。時代の流れと共に変化してきた同シリーズだが、新作では“スイーツ”と“アニマル”というありそうでなかったテーマ、見どころの一つだった肉弾戦が封印されることなどが、放送前から話題になっている。新作を手がける東映アニメーションの神木優プロデューサー、暮田公平監督、貝澤幸男監督に、テーマの選定、新たなバトル表現、キャスティングなど疑問をぶつけた。

◇これまでスイーツがテーマにならなかった理由
プリキュア」シリーズは、普通の女の子が妖精たちの力を借りて伝説の戦士・プリキュアに変身し、さまざまな困難に立ち向かう姿を描くアクションファンタジー。2004年に第1弾「ふたりはプリキュア」がスタートした。新作「キラキラ☆プリキュアアラモード」は、“スイーツ×アニマル”がテーマで、スイーツが大好きな中学2年生・宇佐美いちからが、伝説のパティシエ・プリキュアに変身し、悪い妖精から思いが詰まったスイーツを守る姿を描く。
神木プロデューサーは、テーマの一つにスイーツを選んだ経緯を「プリキュアは魔法使い、プリンセスなどその都度、女の子に一番人気のあるテーマを選んできました。小学低学年の女の子を対象に調査をすると、お菓子屋さん、パティシエを将来の夢として挙げる子供が多かったんです」と説明する。一方で「これまでもスイーツをモチーフにすることを考えたことがあったのですが、戦う女の子と本当に相性がいいのか?と見送られてきたんです。例えば、チョコレートを投げて、戦うわけにはいかないですし」とも話す。
同シリーズの“生みの親”とも呼ばれる東映アニメーションの鷲尾天プロデューサーは以前、インタビューで「プリキュア」に共通するヒロイン像について「りりしくあること、よく食べることを大切にしています」と話していた。「プリキュア」のメインターゲットは女児で、子供はアニメを見て、まねをすることから、食べ物を粗末に扱うような表現は避けてきたのだ。